足摺岬の磯釣り
釣りクラブの石鯛釣り大会でのこと、ご存じのように石鯛は幻の魚、
そう簡単には釣れません。
そんなとき磯渡しの船が近づいて、今港に鰹があがったから要るなら注文受け付けるとの事。
ほとんど全員が購入したようだ。
佐賀の磯釣り
釣りクラブの例会で西海へ行くが船には10cmを越える雪が積もり海へは出られない。
それではと太平洋側へ転戦。
初めての磯、かって判らずほとんどがボーズ
中泊の磯釣り
我がクラブのホームグラウンド。
磯上がりは後でいいよの習慣で2級磯なら何処でも熟知
30〜40cmの数釣りが得意。
武者泊の磯釣り
大きい魚がほしければ武者泊の沖磯へと一時は通って真鯛の79cm
グレや三ノ字大きめの魚は釣れたが、釣り場では頭の上から竿が出る事覚悟が必要。
性格に合わず
沖の島周辺の船釣り
釣り方は磯竿使って磯と同じで、常に一級磯に陣取れるような釣りが出来る。
時にはイサキの数釣り・真鯛は90cm・清水鯖の猛攻もあり・シマアジその他
何かはおみやげの出来る釣りであった。
興津の磯釣り
初めての磯釣りは興津。
その後も数回通ってが、60cmクラスのグレの遊泳見た物の、最高40cm迄で大釣りもなし。
初回の釣果が最も記憶に残っている。
日振島での磯釣り
通い始めた頃は渡船も少なく、2人だけなら油代にもならないから行けないと言われ追金出して渡磯の経験もあり。
そんなときにはボーズばかり。
由良半島の磯釣り
地の磯などで一時は数釣り経験もあるが記憶に残る釣りは少ない。
宇和島近辺のメバル釣り
半島の何処でもメバルは釣れたけど、釣り情報が放送されるまでで、その後は数型共に大幅に減小。
三崎のキス釣り
釣りを始めて初期の釣り場。
川の浜など情報拾って行っては見たが、宿毛へ通い始めては数型共に南でなけりゃと転進してしまいその後は不明。
宿毛のチヌとキス
キスで走り出してそのうち大型のチヌが釣れたので、チヌも釣ろうと欲を出しては土日はほとんど宿毛に居た事もあり。
御荘湾のチヌ釣り
渡船もあり手前船でも筏もあるし地磯や波止場でとあらゆるチヌ釣り経験した地
沖の島・柏島・小才角・小満目他ほとんどの磯は通ってみたがホームグランドが一番良かった。
なぜって、他人と競争しない釣りが出来たから。(余裕を持って2級磯へ最後に渡磯) と今思う。
四国西南部の釣り記録
我が家からは片道150〜300kmの釣り場