銅山川のアメゴ釣り平成26年
 2014年   今年も2月1日から参戦です。
 土曜日に解禁のため、朝6時には家を出ます。
 途中、後ろから1台の車が、その後、前を走る車に追いつき、3台が並走で走ります。
 どの車も釣りが目当てのようで、今日の釣り場の混雑が推測されます。
 目当ての釣り場には先客も見えず、薄明るくなった渓谷を歩き始めました。
 取り掛かりの釣り場で竿を出すと、中型のアメゴを数匹ゲット。
 しかし、次の淵からは全く魚信がありません。 2時間近くも谷を歩いてもたまに釣れる赤ちゃんアメゴ以外どこ
 にもいません。 
 解禁日早朝からの釣りですから先客はいないと思いますが?(足跡は少し見られる!)
 この日は2月なのに暑くて途中で防寒着を脱ぎました。
 頭から汗もだらだら落ちるような気温で、魚もびっくりしているのか?
 解禁前に誰かが釣ってしまったのか?・
 私の腕が悪いのか(通常はハリスも0.3〜0.4号を使うが、解禁日なので0.6号使用もあるのか。) 
 初めの釣り場をあきらめて移動したときには遅く、足跡のある谷を釣り難いポイントを選びいくらか土産を持ち
 帰るのがやっとでした。

2月も中旬になり、暖冬が続いた気候も寒波がやってきました。
雪の中を歩くとそれなりに魚に出会えます。
道路も凍結していますが、四国では愛媛県だけが渓流解禁なので、今でも林道へ続く道には轍が見られ、当初の予定の谷を変更することがしばしばです。 
                                          2月は雪の中を釣り歩くのが四国中央市の渓流釣りです。

なぜか今年は2月は不漁続きでした。
3月になっての釣果が左の写真ですが今年はこれが最高です。
歳もそれなりになり、腕が落ちたのも大きな原因とは思うが!

右の写真は雪の山肌を走る鹿です。 今年はよく会います。
以前は山で見るのはウサギとイノシシの足跡ぐらいでしたが
最近は鹿に会います。

今年は雪が多くそれも水分を多く含む雪が多いように感じます。
写真は渓流沿いの木ですが僅かの雪ですがその重みで大きく
曲がっています。
多くの倒れた木も見受けられます。 

4月に入ってやっと思う釣りができ始めました。
だが、釣り場でも花が咲き始めました。
そろそろ登山の季節です。