徒然なるままに2021年9月の野山の記録№2 雨か曇りの山の花     
 9月も中旬、天気予報は曇りで雨の確率30%、それでも明日からしばらくは雨と聞くと少し遠出したくなる。
 岩屋寺に天気回復にお願いに走ろうと、皿が峰経由で古岩屋へ。 ナビは林道認識しないのか砥部経由になるが経験ある道、ナビを無視して走る。
 ギンリョウソウモドキは数メートルの範囲に数十本咲いている。
 スズコウジュは以前皿が峰だけで見た経験あるが、ここでは広い範囲にたくさん見られる。
 岩屋寺から駐車場までは雨が降り出したため、舗装道路を歩く。 道路沿いは外来種が多く見られる。 

ヒガンバナ(彼岸花)  <b>ヒガンバナ科ヒガンバナ属</b>

シュウカイドウ(秋海棠) シュウカイドウ科シュウカイドウ属

キツリフネ(黄釣船) ツリフネソウ科ツリフネソウ属

アケボノソウ(曙草)  アケボノソウ(曙草)

アレチヌスビトハギ(荒れ地盗人萩)  マメ科シバハギ属

ミゾソバ(溝蕎麦)   タデ科イヌタデ属

スズコウジュ (鈴香ジュ)  シソ科スズコウジュ属

ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬き) シャクジョウソウ科シャクジョウソウ属

マルバルコウ(丸葉縷紅)  ヒルガオ科サツマイモ属

ニシキソウ(錦草) トウダイグサ科ニシキソウ属

アキノゲシ(秋野芥子)  キク科 アキノゲシ属

カラスノゴマ(烏の胡麻) シナノキ科カラスノゴマ属