徒然なるままに
12月になり花の撮影がなくなる。 山歩きは霧氷ばかりでは感動もなくなるので方向転換
里山へ目を向ける。
先月金見山から雲辺寺方面への縦走路を歩いてみた。 300〜500mの低山ではあるがアップダウンも多く、健康維持には高さにこだわる必要のないこと実感。
讃岐富士も毎日登っている人もあり、楽しそう。     稲積山では地元の人と花についての話で盛り上がる。  近くの山でもまだ見たことのない花もあるようだ。
雲辺寺ではお接待するために高松から来た人に会う。                      ロープウエイ関係の老人に連れられて屋島登山に汗を流しているとか。
雲辺寺12月になるのにスキー場閉鎖中。 人工雪せっせと造って積み上げてはいるが溶けるのが早いのか、        ここだけは早く雪降れ・沢山降れだが。
雲辺寺山 尾根を一時間ほど歩いて見ると季節により花もありそう  2010年12月2日
西赤石山山頂から見る石鎚山 この日は霧氷なし、景色は最高 12月4日
西赤石山からの新居浜市街地
西赤石山山頂から見る前赤石方面 12月なのに雪はなくぽかぽか天気。
塩塚高原のススキの原 12月5日
塩塚山頂からのテークオフ
豊受山の霧氷 12月8日
赤星山を望む 霧氷が見える
皿が峰 思いの外雪深くチェーン使用 12月10日
皿が峰の霧氷
香川の里山 稲積山から七宝山 12月12日
七宝山から見る瀬戸内海の島と荘内半島
四国のみち 中蓮寺峰から若狭峰を歩く 12月19日 三豊平野を望む
野地峰から黒岩山を歩く 12月23日 赤星山と富郷ダム