第63番〜第65番札所
第63番札所 密教山胎蔵院吉祥寺(きちじょうじ)

国道11号線に沿ってある吉祥寺は昔は大きな寺だったようだが現在は本堂がそれなりの規模ではあるが小規模。
大師堂はすりガラスで内部が見えないのが残念。

参拝後国道へ出るのが信号がなく一苦労。
西条藩主であった松平家からは三葉葵の寺紋を与えられている。
三葉葵は山門のほか、本堂などに見られる。
隣の石槌神社とのかかわりも大きいのか、修験者の道場にもなっているようだ。
第65番札所 由霊山慈尊院三角寺(さんかくじ)

行基が聖武天皇の勅願により開基したといわれる三角寺。
小林一茶も訪れ、「これでこそ登りかひあり山桜」と詠まれた桜も健在。

地元ではあるが久しぶりの参拝で戸惑いばかり!
寺へは昔ながらの乗用車だけが通れる細い道を、駐車場についてみるとバスが2台も駐車していてびっくり。 
いつの間にか立派な道ができている。 もちろん帰りは広い道を使用。
境内はいつの間にか花が植えられ、各種の木々や花に囲まれた静かな雰囲気の寺に!

第64番札所 
石鉄山金色院前神寺(まえがみじ)

恒武天皇の勅願所となり、歴代天皇からの厚い帰依を集めたという由緒ある寺。