第56番〜第59番札所
第56番札所 金輪山勅王院泰山寺(たいざんじ)

昔の記憶を頼りに、道路沿いの駐車場に車を止めて歩くこと20m!石垣が増設されて、境内が広くなった寺に入る。
階段を上がれば境内まで車が入る道ができていて境内には駐車スペースあり。
この近辺の札所の納経所は入るとすぐに「ご苦労さん」と声をかけてくれる。
気持ちよく「お願いします」と白衣を差し出せるのは気持ちの良いものだ。
第57番札所 府頭山無量寿院栄福寺(えいふくじ)

寺の手前の駐車場に車を入れる。
納経所で駐車場代と言うと、寺の管理ではないとのこと。
寺の中と前の道にはいくらか駐車スペースがあり、寺に入ればわかるが紛らわしい。
第58番札所 作礼山千光院仙遊寺(せんゆうじ)
昔、仙人が住んでいたから仙遊寺! うなずけるような立地条件にある。
寺のすぐ下の道路からは下写真のように今治の町が、その向こうには来島大橋が見える。(天気の良い日は・当日は曇って薄く見えているが)

納経所で車と自己申告し、400円の駐車料を納める。
途中の山路は寺の管理のようで、結構費用かかかると思われる。
駐車料は自己申告の所が多いがどのくらい払っているのか調べたら信心の軽重が出るかな!
第59番札所
 金光山最勝院国分寺
           (こくぶんじ)


今治最後のお寺。
愛媛の国分寺は県庁所在地ではなく今治にある。
昔は壮大な伽藍が並んでいたのか今は普通のお寺。