花名  アオベンケイ (青弁慶)
分類 ベンケイソウ科ベンケイソウ属 生活型 常緑小高木 高さ 20〜50cm
分布 本州(中部以西)、四国、九州 植生帯 山地の岩上や樹上 花期 9〜10月
特徴 茎は斜上する。
葉は対生、肉厚で、長さ3〜6cmの卵形で不明瞭な波状の鋸歯がある。
茎の先に球状の花序をだし、淡黄緑色の花を多数つける。
 愛媛県絶滅危惧1B類(EN) 四国の他の県では絶滅危惧種に指定されていない。
主にブナ帯の苔むした樹上や岩上に生え、対生する青い葉は広卵型で紫色の葉柄を持ち、乾燥に耐えるよう葉が厚い。
剣山・石鎚山・手箱山・石立山などで確認した。
写真は9月2日に剣山で写したもので
花はまだ咲いていない。