花名  クロマメノキ(黒豆木)    別名アサマブドウ
分類 ツツジ科スノキ属 生活型 落葉小低木 高さ 15〜50cm
分布 北海道、本州(中部以北) 植生帯 荒地や泥炭地の湿地帯 花期 6〜7月
特徴 枝はよく分枝し、樹皮は濃い茶色で、断面は丸くなる。
葉は小さく、長さ2〜4cmで倒卵形、裏面は少し白く、短い葉柄がある。
花はその年に延びた枝の葉腋につき、色は白か赤みがかった白。花柄は下向きに曲がる。
果実は8〜12mmの球状または卵型、紫黒色に熟す。一般的には少し先端が尖っている。
熟した果実の色が黒い豆のように見えることによりクロマメノキ。
別名の浅間葡萄は産地の一つの浅間山により、地元でそう呼ばれる。
日本に生えるブルーベーリーの木の一つ。秋に食用になる濃い紫色の果実をつける。
写真は9月後半の御嶽山で撮影した果実。花は草津白根山・四阿山での撮影。