花名  オヤマリンドウ(御山竜胆)            
分類 リンドウ科リンドウ属 生活型 多年草 高さ 20〜50cm
分布 本州(中部地方以北) 植生帯 山地の湿地や草地 花期 8〜9月
特徴 地下茎は多少肥厚、株から複数の茎が直立し茎は丸い。葉の形は広披針形で10〜20が対生
長さ3〜6cm、下部の数対は短いさや状に退化。3脈が目立ち、全体に粉白を帯びる。
茎頂に数個の花冠が淡紫青色の花をつける。
花冠の長さは2〜3cmの鐘状。花弁はわずかに開くのみである。
亜高山から高山に生えるリンドウなのでオヤマリンドウ。
リンドウは背が低く、茎の上部に花を1〜2個付けるのに比べ、背丈が高く、茎の途中にも花を付ける。
霧ヶ峰の八島湿原で撮影。