花名  ヒメユリ(姫百合)            
分類 ユリ科ユリ属 生活型 多年草 高さ 30〜80cm
分布 本州、四国、九州 植生帯 日当たりのよい山地や草原 花期 6〜7月
特徴 葉は互生し、線状披針形で長さは5〜10p、斜め上向きにつく。
茎先に2〜3個の6〜8pの6弁花が上向きに咲く。
花被片は朱赤色で濃色の斑点があり、星状に開出し先端は外側に反る。
花の後にできる実はさく果。
 環境省絶滅危惧T類・愛媛県絶滅危惧T類・香川県絶滅危惧T類・高知県絶滅危惧T類・徳島県絶滅危惧T類
花の様子がかれんなところからヒメユリ。
分布する地域によって開花時期、球根の形状や性質、草丈などが大きく異なる。
環境省の指定もあり、全国的に減少しているようだがその原因は盗掘。情けないがインターネットでも盗掘情報が出ている。
何とか処罰強化できない物か、せめて盗掘発見した場合に注意できる環境を!