花名  エゾスズラン(蝦夷鈴蘭)  別名 アオスズラン
分類 ラン科カキラン属 生活型 多年草 高さ 30〜60cm
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 林内や林縁 花期 7〜8月
特徴 葉は数個互生し、長さ7〜12cm、広披針形で短毛がある。
茎上部に緑色の花を20〜30個総状につける。  萼片、花弁は長さ1cm。
茎頂に長さ1pほどの淡緑色の花を一方に片寄って、総状に多数つける。
唇弁は緑白色で、後部の内側は暗褐色を帯びる。 背萼片、側花弁、側萼片は淡緑色。
 高知県絶滅危惧T類・徳島県絶滅危惧T類
蕾が舞楽の鈴に似ているのでスズラン。
四国カルストにて撮影。  初めて出会ったときはカキランの花が終わった状態かと誤認。