花名  ミヤマアカバナ(深山赤花)            
分類 アカバナ科アカバナ属 生活型 多年草 高さ 5〜20cm
分布 北海道、本州(中部以北) 植生帯 高山帯の草地や渓流の近く 花期 7〜8月
特徴 茎の上部には柔らかい毛が生える。
葉は互生だったり対生だったりし、長さ2〜5pの長楕円形で先が尖り、低い鋸歯がある。
茎先に花径5〜8oほどの淡赤紫色ないし白の小さな花を咲かせる。
花弁は4枚で先が浅く2つに裂け、雄しべは8本、柱頭の形状がこん棒状。
萼や実には腺毛があり、種子には乳状突起がある。  花の後にできる実はさく果。
「赤花」は花の色ではなく、秋に葉が赤くなることを指す。
 石鎚山などでよく見るイワアカバナの柱頭は丸い球状で、ミヤマアカバナは柱頭の形状がこん棒状(ビール瓶形)。