花名  ヤマブキショウマ(山吹升麻)          
分類 バラ科 ヤマブキショウマ属 生活型 多年草 高さ 30〜90cm
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 山地〜高山帯ノ草地や林縁 花期 6〜8月
特徴 葉は2回3出複葉で9個の小葉からなる。 小葉は卵形で長さ3〜10p、先は尾状に尖り、
欠刻と鋸歯があり、ヤマブキに似た多数の平行脈がある。
茎頂に円錐花序をだし、各枝に総状に白色の小さな花を多数つける。
雌しべが3本で雄しべが20本。 雌雄異株。
葉が山吹に似ていることからヤマブキショウマ。
桑瀬峠から伊予富士への縦走路に咲いている。