花名  ツルギカンギク(剣寒菊)
分類 キク科 キク属 生活型 多年草 高さ 25〜60p
分布 四国 植生帯 山地の石灰岩地 花期 9〜10月
特徴 茎は叢生し、下部は倒れ、先は立ち上がる。
葉は互生、2回羽状に中裂、長さ3〜5p幅2.5〜4p。裂片は長楕円状披針形で先は尖る。
頭花は散房花序につき径1.1〜1.3p、舌状花は黄色。総苞片は3列、総苞外片は内片より
短く、卵形で縁は黒褐色、膜質でほとんど無毛。
徳島絶滅危惧IA類
シマカンギクの変種。石灰岩地変異型で剣山等の石灰岩地に生える。剣山が基準産地。
天狗塚近くの登山道で撮影。