花名  ツボスミレ(坪菫)   別名 ニョイスミレ
分類 スミレ科 スミレ属 生活型 多年草 高さ 5〜25cm
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 山野の湿ったところ 花期 4〜5月
特徴 地下茎はごく短く地上に根出葉と複数の茎を伸ばす。茎は斜めに伸び、間をあけて葉を付る。
葉は長さ1〜3pの心形で裏面は紫色を帯びる。葉柄は根出葉では長く茎葉では短い。
葉は柔らかく、緑色でつやがなく、無毛、縁には粗くて低い鋸歯がある。
匍匐する茎の葉腋から花柄が立ち上がり、葉より少し上に出て花をつける。
花色は白色で直径約1p、側弁は有毛。唇弁には基部に向けて紫の筋が入る。距は特に短い。
坪は庭を意味していて「庭のようにどこにでも普通に見られる」の意でツボスミレ。 
仏具の「如意」に葉の形が似てニョイスミレ。 牧野富太郎博士が名を付けたのがニョイスミレ。 
書籍によって和名が入れ替わる。
晩春に他のスミレの仲間の花期が終わったころに花をつけるので、時に「最後のスミレ」などと呼ばれる。
他のスミレが終わったころに赤星山・西赤石山や皿が嶺の竜神平などで群生している。