花名  シモツケソウ(下野草)            
分類 バラ科 シモツケ属 生活型 多年草 高さ 30〜100cm
分布 本州、四国、九州 植生帯 山地の日当たりのよい草原 花期 7〜8月
特徴 葉は5〜10裂した掌状の奇数羽状複葉で、頂小葉が大きい。
托葉は膜質で直立する。
茎頂に淡紅色で直径4〜5oの小さな花を多数、散房状につける。
花はシモツケと似ているが、 シモツケが木であるのに対し、シモツケソウは草本。
東赤石山ではよく見る花。
伊吹山山頂近くには群生地がある。