花名  キツネノマゴ(狐のまご)            
分類 キツネノマゴ科 キツネノマゴ属 生活型 1年草 高さ 10〜40p
分布 本州、四国、九州 植生帯 道端に生える雑草 花期 8〜10月
特徴 茎はまばらに枝分かれし、葉とともに短い毛が生える。葉は対生、卵形で長さ2〜5cm。
枝の先に穂状の花序をつけ、淡紅紫色の長さ約8mmの唇形の花を密集して付る。
萼片や苞の縁には白い毛がある。
雄しべ2個は上唇につく。葯は2室で上下につき下の葯のほうが大きく基部に突起がある。
名前は、花序が花の咲いたあとに伸びるのがキツネの尾のようだとか、
花の形がキツネの顔を思わせるからなどの説もあるが詳細不明。