花名  コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)    
分類 ツツジ科 ツツジ属 生活型 落葉中木 高さ 200〜300p
分布 本州、四国、九州 植生帯 雑木林 花期 4〜5月
特徴 株立ちして箒状に枝を広げる。
若枝には褐色の伏毛があり、葉は枝先に3個輪生し、広卵形、菱形状卵形。
葉の長さ3〜5cm幅2〜5cm。中央から少し下が最も幅が広い。葉縁は波状。
若葉が展開する前か展開と同時に開花する。枝先の頂芽から紅紫〜淡紫色の花が1〜3個咲く。
雄しべは10本。 花糸は無毛、子房には長毛が密生する。
低地から標高1000mあたりまで見られる。
鋸山・赤星山等で見られる、最も早く咲くミツバツツジ。