花名  カマツカ(鎌柄)    別名 ウシコロシ
分類 バラ科 カマツカ属 生活型 落葉中木 高さ 5〜7m
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 山地 花期 4〜5月
特徴 樹皮は暗灰色で、縦にしわが入り斑紋状になる。
枝は長く伸び葉が互生する長枝と、殆ど伸びず葉が3枚輪生状に付いている短枝が形成される。
葉身は倒卵状長楕円形で、基部はくさび形、先は尖る。縁には細かく鋭い鋸歯がある。
春の新葉は赤味を帯び、軟らかい。 新葉の展開と一緒に、枝の先に複散房花序を出す。
白い小さな花を多数ひらく。 花弁は5個で先はへこむ。 
 材が硬くて折れにくいので、鎌の柄に使われたことからカマツカ。
 別名ウシコロシは、牛が枝の間に角を入れると、抜くことができなくなるくらいに、この枝が強靱であることから。

 二次林、特にアカマツ林などに普通な落葉低木であったが、森林の発達によって次第に少なくなりつつある。