花名 タカネヤハズハハコ(高嶺矢筈母子)別名タカネウスユキソウ
分類 キク科 ヤマハハコ属 生活型 多年草 高さ 4〜30p
分布 北海道、本州 植生帯 高山の岩の多い草地 花期 8月
特徴 雌雄異株。  葉は互生で幅5〜20o、全体に灰白色の綿毛が覆っていて白く見える。
葉の基部の両側は茎に沿って下方に流れ、細い翼になる。
花茎を立てて、先端に花序を頂生する。 
カサカサした膜質の総苞辺に囲まれた、白色で下部が淡紅色の花を10数個まとめてつける。
矢筈とは、矢尻の弦に当てる部分の凹みを指し、葉の形からついた名前といわれる。
白馬岳で撮影。