花名  コバノコゴメグサ(小葉の小米草 )  ヒメコゴメグサ
分類 ゴマノハグサ科コゴメグサ属 生活型 半寄生の1年草 高さ 3〜10cm
分布 本州 植生帯 高山の風衝草原 花期 6〜9月
特徴 全体に腺毛がある。茎は分枝が少な目で開出毛が有り、葉は長さ6〜13o、幅より少し長い。
切れ込みは浅く葉の先が丸みの有る鋸歯になっているのが特徴。
花冠は長さ8〜11o、花冠の基本色は白だが上弁は紫色に色付き、下弁には紫色の筋模様や、
下弁中央に黄色い斑紋がある。
南アルプスに分布するコゴメグサはコバノコゴメグサだけ。
北岳で撮影。
左の写真
同じ北岳に咲いていたコゴメグサで
どう見ても色も違うし違った花と思って
いたが、北岳に咲くコゴメグサは1種類
とのことからコバノコゴメグサとした。