花名  ボタンヅル(牡丹蔓) 
分類 キンポウゲ科センニンソウ属 生活型 落葉つる性半低木 高さ
分布 本州、四国、九州 植生帯 日当たりのよい山野 花期 8〜9月
特徴 つるの長さは2〜4m茎の基部が木質化する。葉は1回3出複葉、長い葉柄をもち茎に対生し、
小葉は長さ3〜7cmの広卵形で先端はとがり、不ぞろいの鋸歯がある。
茎の先端や葉腋から3出集散状の花序を出し、径1.5〜2cmの白色の花を多数つける。
萼片は花弁状で4個あり、十字形に平開し、そり返る場合もある。花弁はない。
葉の様子がボタン(牡丹)に似て、つる性であることからボタンヅル。
よく似たセンニンソウの小葉は普通全縁。深く切れ込むことはあるが、ボタンヅルのように鋸歯縁になることはない。
 雄蕊、雌蕊は多数ある。