花名  ノダケ(野竹) 
分類 セリ科 シシウド属 生活型 多年草 高さ 60〜150p
分布 本州、四国、九州 植生帯 湿った場所や草原 花期 9〜11月
特徴 茎は直立し、暗紫色を帯び、少数の枝を分ける。 葉は互生し、柄があり、3出羽状複葉。
小葉は長楕円形で深裂し、裏面は白みを帯び、鋸歯はかたい。
頂小葉の基部はしだいに細く葉柄に流れ、葉柄が袋状にふくらむ。
枝先に複散形花序をだし、暗紫色の小さな花をつける。花弁は5個。雄しべは花弁より長い。
すらっと伸びる茎が竹のように見えるのでノダケ。
根は肥厚して分枝して深く地中に入る、この根を乾燥したものを生薬としては前胡(ゼンコ)といい、解熱、鎮痛、鎮咳去痰薬
として感冒による頭痛や気管支炎などに用いられる。
 ミヤマノダケとの違いを確認しようと瓶が森や
 稲叢山・赤星山などで多くの花を見てきたが
 見る所が違うのかミヤマノダケとノダケの違い
 が未だに分かりにくい。
 ここのノダケは塩塚高原に咲いていた物で
 明らかに石鎚山系で見るミヤマノダケとは
 違って見えるのでノダケとした。