花名  イワシャジン(岩沙参) 別名 イワツリガネソウ
分類 キキョウ科ツリガネニンジン属 生活型 多年草 高さ 30〜70p
分布 本州(中部・関東) 植生帯 山地の沢や渓谷の湿った岩壁 花期 9〜10月
特徴 茎は細く垂れ下がる。
葉は互生し、披心形または広線形で、長さ5〜15p。
花は総状花序に10個程度つく。
花冠は紫色で鐘形長さ1.5〜2.5p。花柱は花冠から突き出ない。萼裂片は線形で5〜8o。
シャジンは釣鐘人参のこと。岩場に生える釣鐘人参(ツリガネニンジン)でイワシャジン。
富士山の周りの山に生息するようで、丹沢山の縦走路、尾根上の岩場に咲いていた。