花名  ヤブマオ(薮苧麻)  
分類 イラクサ科 カラムシ属 生活型 多年草 高さ 100~120cm
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 山地から人里まで 花期 7~9月
特徴 茎は枝を分けずに直立する。 葉は、長さ10~15㎝の鋸歯のある卵状長楕円形から卵円形で
先は尾状に尖り、下面には短毛が密生する。
葉の鋸歯は、下から上へ向かってだんだん荒くなり、さらに大きくなる。
雌雄同株であり、葉の脇から穂状花序を出し、茎の上方では雌花序を、下方では雄花序を出す。
似たものにメヤブマオがある。また海岸に、よく似たニオウヤブマオがあり、鋸歯が細かく葉裏にビロード状の毛が密生する。
カラムシと近縁で、和名はカラムシの別名であるマオに藪を冠したもの。