花名  ヒルガオ(昼顔)            
分類 ヒルガオ科 ヒルガオ属 生活型 多年草 高さ
分布 北海、.本州、四国、九州 植生帯 道端、畑、河川敷 花期 7〜8月
特徴 葉は互生、長楕円形で基部はほこ形に小さくはり出し基部の側片の先は2裂しない。
1〜4cmの葉柄があり、無毛。
葉腋に直径5〜6cmの淡紅色の花を咲かせる。花の形は漏斗形。
地上部は毎年枯れる。地下茎で増え一度増えると駆除が難しい為に雑草として扱われる。
アサガオ同様朝開花するが昼になっても花がしぼまないことからこの名がある。