花名  ギンバイソウ(銀梅草)  
分類 ユキノシタ科ギンバイソウ属 生活型 多年草 高さ 40〜80cm
分布 本州(関東以西)、四国、九州 植生帯 山地の谷沿い 花期 7〜8月
特徴 茎は直立し毛がある、枝は出さない。葉は対生、長さは10〜20p幅が6〜12pの倒卵形
になり、先端は2淺裂し、鋸歯がある。 両面に粗い毛がある。
茎の先へ集散花序を出し、10〜20個の白い花をつける。花は装飾花と両性花がある。
装飾花は顎片が2〜3枚。両性花は顎片と花弁がそれぞれ5枚で雄しべが多く雌しべは1個。
香川県絶滅危惧I類(CE)
花が白梅を連想させるところからギンバイソウ。
大きな葉の先には切れ込みがあり花が無くても見分けがつく。
赤星山では野田登山口から豊受山分岐迄に多く、標高が高くなるにつれ花期が変わるので、長い期間花を楽しむことが出来る。

梅に似た白い花
初めは苞に包まれ球形→