花名  クルマムグラ(車葎)  
分類 アカネ科 ヤエムグラ属 生活型 多年草 高さ 20〜50cm
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 山地の林下 花期 6〜7月
特徴 茎は20〜50p、4稜があり直立する。茎は無毛、刺はない。
葉は披針形で長さ1〜3p、普通6個輪生し、先がとがり、縁に毛がある。
茎の上部の集散状花序に、直径2.5oの白色の花を10数個まばらにつける。
花冠は杯形で4裂し、萼には長毛がある。
ムグラとは群がって生い茂る雑草の意味で車の車輪のように輪生するのでクルマムグラ。
よく似た花にオククルマムグラとクルマバソウがあるが、
クルマムグラの花は直径2.5o程だが、クルマバソウは4o程と大きく漏斗状になる。
クルマバソウの葉は表面に光沢がある。    オククルマムグラとの違いは、葉が細く茎や葉の裏面などに毛がないこと。