花名  ハルトラノオ(春虎の尾)    別名イロハソウ
分類 タデ科 タデ属 生活型 多年草 高さ 15〜25cm
分布 本州、四国、九州 植生帯 山地の疎林や二次林、林縁 花期 3〜5月
特徴 根出葉は卵形から卵円形で先は尖り、基部は葉柄に流れ葉身の長さは2〜8cmになる。
花茎の先端に長さ2〜4pの花穂をだし、白色の花を付ける。
花弁はなく、花弁状の萼が5深裂し、萼より長い雄しべは8個。
葯は赤色。
見た目が動物の尾のような花序をつくるものがトラノオと呼ばれ、春の山野草の中でも比較的早い時期から咲くので
ハルトラノオ。 別名イロハソウといい、春早く咲くので47文字のイロハにたとえたもの。
赤星山には多い花の一つ。