花名  アリノトウグサ(蟻塔草)    
分類 アリノトウグサ科アリノトウグサ属 生活型 多年草 高さ 10〜30cm
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 山野の日当りの良所 花期 7〜9月
特徴 茎は4稜形、しばしば赤褐色を帯び下部は分枝して地をはう。
葉は対生、長さ0.6〜1.2p、幅0.6〜1pの楕円形で鈍い鋸歯がある。
花は茎の上につき下向きに咲く。萼筒は長さ約1oの球形で、萼片は4個。
花弁は4個で反り返る。雄しべは8個。花は雄しべが先に成熟する。
植物体をアリ塚に、花をアリに見立ててアリノトウグサ。
雄しべ先熟(花は雄しべが先に成熟する)。
雄性期は花弁はそり返り、葯は細い花糸の先にぶら下がる。
雄しべと花弁が落ちると雌性期へ移る。柱頭は紅色で羽毛状。
塩塚高原で撮影。
開いたた雄性期の花が見える。
花弁は長さ約1.5o。