花名  エンレイソウ(延齢草)  別名タチアオイ・ヤマミツバ
分類 ユリ科 エンレイソウ属 生活型 多年草 高さ 20〜40cm
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 山地〜亜高山の湿った林内 花期 4〜5月
特徴 太く短い根茎から高さ20〜40pの茎が一本その先端に菱形状円形の大きな葉が3枚輪生。
3枚の葉の中心から短い花柄が伸び小さな花をつける。
花は花弁を持たず暗紫褐色の花びらに見える萼が3枚長さ1.5〜2p、横向きにつける。
徳島県絶滅危惧I類(CE)
名前の由来は、中国の薬名 延齢草根からエンレイソウの名がついた。
根茎は中国では延齢草根と呼ばれ古くから胃腸薬や催吐剤などの薬草とされる。
サポニンなどの有毒成分を含む有毒植物である。
赤星山や豊受山ではよく見られる花であるが徳島県では絶滅危惧種になっている。 
徳島や皿が嶺ではミヤマエンレイソウが多い。
エンレイソウの果実
黒や赤い果実もあるようだ!