花名  アオイスミレ(葵菫)             別名 ヒナブキ
分類 スミレ科 スミレ属 生活型 多年草 高さ 3〜10cm
分布 北海道、本州、四国、九州 植生帯 丘陵から山地の林縁 花期 3〜4月
特徴 葉がフタバアオイに似てアオイスミレ。花の直径約2.5僉
花の上弁は反るが側弁は反らない。
花柱の先はカギ状に曲がる。葉は円心形で長さは1〜3僂世花後は著しく大きくなる。
全体がビロード状の毛に覆われている。
早くから咲くスミレ。 葉に特徴がありスミレの仲間では判別が容易。 ニオイスミレ類。
花期が過ぎれば葉が5儖幣紊砲眤腓くなる。
花の色は淡紫色であるが赤星山で見る花は白に近い。
  ↑   
果期のアオイスミレ

新葉は両側がまるまって
2本の筒が平行に並んで
いるように見える。